市民風車の会 あきた

トップページ
市民風車の会とは
ニュースレター
会員募集
市民出資者募集
工事状況
イベント情報
モニュメント
工事状況

今までの流れ
風こまち、竿太朗=2006年2月分=

2月25日 秋田マリーナ

これは新型ロボットの頭・・ではなく、3枚の羽をしっかり繋ぐハブです。人がひとりすっぽりはいれます。

これはブレードのハブに連結する部分です。ひとつひとつの支えをハブに差込んで止めます。

連結作業。すべての組立工程の最終確認は全て人の目・手で行われ安全に稼動できるよう工事が行われています。

地上で3枚の羽をハブを中心に組み立てると、大型クレーンでナセルの連結部まで持ち上げます。

 

風車の羽だけに、風に影響されやすいのでゆっくりと慎重に操作をします。
この日は天気に恵まれ、順調に作業が進みました。

いよいよドッキング!
ナセルの中には技術者が待機し、連結作業を行います。

そして完成!
真っ白な風車に青い空。
ロゴもぴかぴか。

感動の一瞬です。

無事に風車が完成いたしました。

ボートに囲まれてご挨拶。
海に出られた皆さんの目印に・・風向もお知らせしてお役にたちます!



工事状況のトップページへ

トップページへ